お弁当の知恵をお届けします


by rc8hm6x3mz

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 ソリッド&ミニマムなデザインで定評のある独立系プロダクトメーカー・バルミューダデザインから、まったく新しいコンセプトの扇風機が登場した。その名は「GreenFan」。従来の扇風機に比べて「風の質そのものを進化させた」という驚きのイノベーションが秘められているのだ。

【写真:従来型扇風機と「GreenFan」で発生する風の比較】

 現在の扇風機やサーキュレーターの起源は、19世紀末にさかのぼるという。驚くべきことに、その当時からほとんど技術革新が行われないまま、今日にいたっているという事実だ。それは登場した当初からほぼ完成形に近いものだったともいえるし、その後のエアコンの登場によって、あまり脚光を浴びることのない製品ジャンルだったからともいえる。

 では、従来の扇風機のどこに問題があるのか? それは、長時間あたり続けることのできない「強すぎる風」ということになる。「強すぎる風」を調べていくと、それは1枚1枚の羽根で切り取られた空気の固まりだということに行き着く。そこで、この「GreenFan」では、1枚のファンから風量の異なる2種類の風を発生させ、空気を優しく拡散させていくことに成功した。

 実際にその風にあたってみると、まさに「そよ風」という表現がぴったり。ずっとあたっていたくなるような風で、おそらく夏場はエアコンをつけずに過ごすことができるのではと感じる。もちろん、エアコンの補助的サーキュレーターとしても活用可能。サーキュレーターモードにすると、8メートル先まできちんと風が届く。

 「Greenfan」の心臓部には、DCブラシレスデジタルモーターが採用されている。デジタル制御のこのモーターによって、最弱運転時のファンスピードは従来の扇風機の半分以下の回転数に設定されている。その低い回転数と独自の14枚の羽根の組み合わせによって、そよ風の再現が可能となったわけだ。

 さらにユーザーにとって嬉しいのは、驚くほど低い消費電力。従来の扇風機の消費電力30ワットに対して、「GreenFan」の運転時の消費電力は4ワット(風量調整の一番小さい段階の場合)。その差は歴然としている。また、ヘッド上部に設置されたシンプルな操作面、マグネットで簡単に取り外し可能のガード面など、細かな気配りがされた美しいデザインはユーザーのニーズ、扇風機が使われるシーンをとことん追求した結果によるものだと感じた。【草野恵子,エキサイトイズム】

●Greenfan
本体寸法:330×320×867/467ミリ(幅×奥行き×高さ(フロア用/卓上用))
製品重量:3.8キロ
動作電力:AC100V 50/60Hz(ACアダプター付属)
消費電力:4〜20ワット
コード長さ:2メートル
カラー:ホワイト
風量調整:4段階
切タイマー機能:1・2・3・4時間
左右首振り:ON/OFF機能

Copyright (C) 1997-2010 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

【関連記事】
iPad発売レポート、Apple Store Ginza
フォルクスワーゲン、ジウジアーロ社を買収
新エンジンのポロ1.2 TSI、開発者が語る未来への挑戦

【風】パート解雇 生活に深刻な影響(産経新聞)
24日にかけ、西日本から東日本で大雨の恐れ(読売新聞)
堺で路上強盗、水色自転車で逃げる(産経新聞)
織田作之助「二十歳」 京都・さくら井屋 画学生のデザイン絵封筒に(産経新聞)
郵便不正、供述調書の証拠採用却下 大阪地裁(産経新聞)
[PR]
by rc8hm6x3mz | 2010-05-28 18:22
 【ローマ=松浦一樹】ANSA通信などによると、イタリア警察当局は、警視庁が強盗傷害容疑などで国際手配していた国際強盗組織「ピンクパンサー」の一員でモンテネグロ人のラドバン・イェルシッチ容疑者(39)をローマ市内で逮捕した。

          ◇

 日本の警察当局幹部によると、ラドバン容疑者は今月11日、ローマ市内で発見され、欧州で起きた宝石強盗事件に関与した疑いで現地の警察当局に逮捕されたという。

 警視庁は、東京・銀座の宝石店で2007年6月に約2億円相当のティアラ(王冠型髪飾り)が強奪された事件の実行犯として、ラドバン容疑者を昨年2月に国際手配していた。ラドバン容疑者は昨年9月、モンテネグロ国内で公務執行妨害の容疑で逮捕されたが、その後、釈放され、行方がわからなくなっていた。

 日本とイタリアの間には犯罪人引き渡し条約がないため、警察庁は今後、イタリア当局と情報交換し、外交ルートを通じて引き渡しを求める方針。ただ、ラドバン容疑者は欧州各国から宝石強盗事件で国際手配されており、実際に移送されるかどうかは不透明という。

 ラドバン容疑者とともに国際手配されていたモンテネグロ国籍のリファト・ハジアフメトビッチ容疑者(42)は昨年3月、キプロス警察当局に逮捕され、現在はスペインに移送されている。

小沢氏「起訴相当」検審、岩手知事冷ややか(読売新聞)
公明・山口代表、民主党との連携に含み(産経新聞)
堀内氏が“選挙始球式”王さんから「目指せ!総理大臣」(スポーツ報知)
<普天間移設>平野官房長官、15日に鹿児島市を再訪問(毎日新聞)
「普天間」政府案難点だらけ「沖縄の負担変わらず」(読売新聞)
[PR]
by rc8hm6x3mz | 2010-05-20 07:20
 鳩山由紀夫首相は7日午前、ギリシャの財政危機を受けて金融市場で動揺が広がっていることに関し、首相公邸前で記者団に「ギリシャ問題を大変、心配している。しっかりと政府として対応していくべきだと思っている」と述べた。
 平野博文官房長官は記者会見で「わが国の市場にどういう影響があるか注視していかなければならない」とし、「(ギリシャへの)支援のパッケージが決まることが極めて重要だ」と語った。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕首相「誠心誠意臨みたい」=普天間問題
首相、徳之島3町長と午後会談=普天間移転に「誠心誠意」
鳩山首相「場当たり発言、一切ない」
米が徳之島移転に難色=首相、地元と協議継続へ
鳩山首相、4日沖縄入り=移設案提示へ詰め、防衛相らと

嘉手納基地の空軍1等軍曹、酒気帯びで逮捕(読売新聞)
普天間で日米実務者協議=「桟橋方式」など調整(時事通信)
<健康保険法>改正案 協会けんぽ保険料上昇抑制 健保反発(毎日新聞)
沙也さんの心臓移植、米で無事終了…容体も安定(読売新聞)
<たちあがれ日本>元巨人の中畑清氏擁立を検討 参院選(毎日新聞)
[PR]
by rc8hm6x3mz | 2010-05-12 23:04