お弁当の知恵をお届けします


by rc8hm6x3mz

<中国毒ギョーザ>21日から警察庁で日中情報交換(毎日新聞)

 中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で、警察庁は19日、中国公安部の王桂強・物証鑑定センター副主任(局長級)ら9人が来日し、21、22日の両日に警察庁で日中当局による情報交換会議を開くことを明らかにした。情報交換会議はこれまで4回開かれているが、容疑者が中国で拘束されてからは初めて。

 日本側は、金高雅仁・警察庁刑事局長ら10人ほどが出席する。中国側は、製造元の天洋食品の元従業員、呂月庭容疑者(35)の容疑固めに向けて日本国内での被害状況について情報提供を求めるとみられる。日本側は、国内で発生した中毒事件と呂容疑者を結ぶ証拠の確認などを求める模様だ。

【関連ニュース】
中国毒ギョーザ:中国側捜査員月内にも来日
鳩山首相:ガス田開発「交渉開始を」胡主席に要請
中国毒ギョーザ:日本に捜査員を派遣へ 中国公安当局
中国毒ギョーザ:家族思い、いい子だった…容疑者の両親涙
中国毒ギョーザ:「殺虫剤を3回混入」…公安省が経緯説明

全国唯一の「税の学習施設」がリニューアルオープン 東京都台東区(産経新聞)
<天下りの塔>事業仕分けにため息…農水26法人が入居(毎日新聞)
<シカに洋弓矢>「食パンでおびき寄せた」稲垣容疑者(毎日新聞)
「成長戦略」追加、民主が参院選公約の骨格案(読売新聞)
インクレチンとSU薬の適正使用で勧告―日糖協(医療介護CBニュース)
[PR]
by rc8hm6x3mz | 2010-04-22 15:31